せのびーるには身長を伸ばすための栄養素がたくさん

せのびーる 評判 口コミ

成長期の子供の背を伸ばすだけでなく、健康を維持するにはバランスのとれた食事が大切だと言われますが、具体的にはどのような栄養素が必要なのでしょうか?

 

せのびーる 購入 口コミ

 

子供の背を伸ばすために必要な5つの栄養素

カルシウム

骨や歯を強くするための栄養素。

牛乳や煮干しに多く含まれています。

 

ビタミンD

カルシウムと一緒に摂取することで、カルシウムの吸収を良くする働きのあるビタミン。

ビタミンDがないと、カルシウムはなかなか体内に吸収することができません。

干しシイタケやしらすに多く含まれています。

 

アミノ酸(アルギニン酸)

アミノ酸には20種類以上あり、それぞれが体内で異なった働きをしますが、アルギニンと呼ばれるアミノ酸は成長ホルモンの分泌を活発化させる効果があります。

鰹節や高野豆腐に多く含まれています。

 

ビタミンC

コラーゲンの生成にはビタミンCが不可欠です。

ビタミンCによってコラーゲンが生成されると、骨が強くなります。

赤ピーマンやアセロラに多く含まれています。

 

マグネシウム

カルシウム同様、骨をつくるための主成分。

マグネシウムが不足すると、骨が脆くなってしまいます。

ごまやアーモンドに多く含まれています。

 

>>成長に必要な栄養素がギュッと詰まってる!せのびーる詳細はこちら<<

 

なぜたくさんの栄養素が必要なの?

senobi-ru

人間の体は様々な栄養素が互いに助け合いながらその効果を発揮し、健康を維持しています。

しかし、摂取した栄養のバランスが崩れると、健康のためや背を伸ばすために摂った良い栄養素でも体内でうまく機能せず、身体の外に排出されてしまいます。

例えば、成長期に必要な栄養素の代表格でもあるカルシウムは、ビタミンDとマグネシウムを一緒に摂取することで、身体への吸収が良くなり、骨や歯へのカルシウムの吸着が良くなります。

ビタミンDとマグネシウムを一緒に摂取せず、カルシウムだけだとほとんど吸収することができません。

それどころか、もともと骨に含まれていたカルシウムを溶かして体外へ排出してしまうため、骨が脆くなるとも言われています。

昔からよく「身長を伸ばすにはカルシウムがたくさん含まれている牛乳を飲めばいい」と言われていますが、そんなことはありません。

何か一つ、これだけを食べれば身長が伸びるというような、魔法のような食べ物は残念ながら存在しないのです。

このようなことからもわかるように、何か一つの栄養素をたくさん摂っても体には意味がありません。

意味が無いだけならいいのですが、最悪の場合は身体に悪影響を及ぼすこともあります。

毎日の食事の栄養管理はなかなか大変ですが、せのびーるには16種類ものビタミンやミネラルが含まれているため、食事にプラスするだけで栄養のバランスを整えることができるのでおすすめです。

 

足りない栄養を手軽にサポート!>>>せのびーる詳細はこちら

 

身体にいいのに美味しいから続けられる

子供 イライラ カルシウム

昔から「良薬は口に苦し」といいますが、せのびーるは苦くありません。

ミルクココアの香りと優しい甘みでタブレット菓子のようにポリポリと食べることができます。

薬のように水で流し込んで飲んでもいいのですが、大きさが直径約1cmと、子どもがそのまま飲む込むには1粒が少し大きめになっています。

senobi-ru

写真を見てもわかるように、大人でも飲み込む際にノドにつっかえる感じがするような大きさです。

なので、せのびーるはそのまま噛むか、飴のように口の中で溶かして食べるのがオススメです。

このようなケースはほとんど無いとは思いますが、万が一サンプルを試してみて味や香りが苦手でどうしても食べられない、という場合には、お子さんでも水で流し込みやすいように、半分に切ってあげたほうがいいかと思います。

せのびーるの中心に包丁の刃を当て、そのまま包丁の背をポンと叩くときれいに割れます。

ただ、せのびーるは本当にお菓子の様にほんのり甘くてココアの良い香りがして美味しいので、味がニガテで食べられないという子供はいないんじゃないかな、と思います。

私の子供も好き嫌いが激しく、薬やサプリメントは大嫌いなのですが、せのびーるは「おいしい!」と言って嬉しそうに食べてくれます。

毎日おやつに2粒食べさせているのですが、「もっとちょうだい」とおねだりしてくるほどです。

せのびーるは食べ過ぎても体に悪い成分は配合されていないし、他のお菓子をたくさん食べるくらいならせのびーるを食べてくれる方がいいかな、と思って「せのびーるちょうだい」と子供に言われたときは好きなように食べさせています。

せのびーる 購入 口コミ

親子で続けやすいせのびーる

せのびーるは成長期の子供の背を伸ばし、体を丈夫にするために必要な栄養素が豊富に含まれていますが、毎日続けられなくては意味がありません。

これはせのびーるだけでなく、どんなサプリメントでも、どんな薬でも同じです。

逆に、飲んだ瞬間から効果が出るようなものには、強い副作用を持っていたり、長期的に飲むことを想定していないため、安全性に欠けてしまいます。

せのびーるは、子どもが大好きなココア味で、そのまま食べることができる手軽さもあって無理なく続けられます。

もちろん薬ではないので、副作用の心配もありません。

大切なわが子が口にするものですから、少しでも安全性の高いもの、安心して食べさせられるものを選びたいですよね。

せのびーるは口に含むとお菓子のように甘いですが、糖類は必要最低限の量しか入っていないように感じます。

コンビニで売っているチョコレート菓子のようにすごく甘いのではなく、昔ながらのおやつのような、素朴で懐かしい感じの甘さです。

せのびーるは、ドリンクタイプのサプリメントとして有名なセノビックやアスミールなどのように水や牛乳に溶かす手間も無く、値段も手ごろなため、親子共に毎日無理なく続けることができます。

>>おやつ感覚でおいしいサプリ!せのびーるで成長を応援<<

せのびーるのWEB限定モニター登録体験談

せのびーるはamazon、薬局、ドラッグストアなど、実際の店舗などでの販売店はなく、インターネットでのみ購入が可能です。

公式サイト、あるいは楽天から購入が可能ですが、500円で一週間分のサンプルを試すことができるキャンペーンを実施しているのは公式サイトだけです。

ある程度の期間飲み続けなければ効果が無いとはわかっていたのですが、味や香りなどを試して続けられるかの判断をしたかったので、まずは500円のモニターに申し込んでみました。

 

こちらにせのびーるのモニターの詳細があります

→WEB限定せのびーるモニターの詳細

せのびーる モニター 体験談

届いたお試し用のせのびーるは1袋に1週間分入っていました。

封を開けると甘いミルクココアの香りがして、その匂いだけでもう美味しそう。

子供におやつと一緒に出して食べさせてみると、甘くておいしいと喜んで食べていました。

好き嫌いが多くて偏食な息子になんとか必要な栄養を摂らせたいと思って申し込みをしたせのびーるですが、やはりいきなり一ヶ月分ものせのびーるを購入したり、割安だとわかっていても定期購入をする気にはなれませんでした。

せのびーるを紹介してくれたママ友は、「せのびーるはお菓子みたいだから大丈夫だよ」と言っていたのですが、私の息子はお菓子ならなんでもいいわけでは無く、気に入らないおやつには全然手を付けてくれません。

なので、そんなわがままな息子が、せのびーるを気に入って食べてくれた時はほっとしました。

結果的には、息子がせのびーるを気に入ってくれたのでいきなり定期購入をしてもよかったのですが、やはり500円というたったワンコインで1週間分のせのびーるを試すことができるキャンペーンはありがたかったです。

>>>せのびーる500円モニター申し込み専用サイトはこちら<<<

せのびーるは本当にお得?

セノビー せのびーる 違い 比較

子どもの成長を応援するサプリメントは、せのびーるだけではありません。

形や謳い文句が違っても、背が伸びる効果を期待して購入されるサプリメントは数多く存在します。

中でも有名なのが、ロート製薬が販売しているセノビック、森永製菓は発売しているセノビー、また、アスミールやミロ、Dr.senobiru、カラダアルファ(α)やのびのびスムージーなどというサプリメントもあります。

子ども用のサプリメントだけでなく、どんな買い物もそうですが、比較をして購入を決めるポイントは“バランス”だと思います。

例えば、すごく良い効果が出るというサプリメントでも、あまりに高額すぎる場合は続けられませんし、反対に、安くても結果が出なければ購入したくないですよね。

実際に、子供のサプリメントを金額で比較してみると、一番高価なサプリメントが『Dr.senobiru(ドクターセノビル)』で、一ヶ月分19,600円。

定期購入の割引を利用しても、ひと月9,800円かかります。

次に高価なサプリメントが『カラダアルファ(α)』。

カラダアルファ(α)は一ヶ月分が6,000円(送料別)。

90日分のお得な3袋セットを注文しても、一ヶ月分5,600円です。

ドクターセノビル、カラダアルファに次いで高額なのが、『のびのびスムージ―』です。

通常価格が一ヶ月分7,380円で、定期購入をすると初回購入分が2,980円、二ヶ月目以降は4,982円となります。

次に、『アスミール』。

一ヶ月分のアスミールを通常購入すると、4430円(送料・手数料別)。

アスミールを定期購入すると初回分のみ2,214で、二ヶ月目以降は3980円です。

その次が『せのびーる』です。

せのびーるの一ヶ月分は通常購入だと4,104円で、定期購入をすると初月は1,980円で購入でき、二ヶ月目以降は30日分が2,872円で購入できます。

キャンペーン中なら500円で一週間分のせのびーるを試すことができます。

そして、ロート製薬のセノビックは一ヶ月2,160円、森永製菓のセノビーは一ヶ月1,728円です。

それぞれのサプリメントに配合されている成分や栄養素の量などに違いはありますが、せのびーるは16種類もの栄養素が配合されているのにも関わらず3,000円以下で購入できるというのは、効果も期待でき、価格帯もお財布に優しく、お得ですよね。

>>>せのびーるの詳細は公式サイトから確認できます<<<

子供用サプリメントは高いほど効果がある?

子供向けのサプリメントと言っても、健康維持のために飲むのか、背を伸ばしたいのか、カルシウム補給のために摂取したいのかなど、目的が違うと購入するべきサプリメントも変わってきます。

Dr.senobiru(ドクターセノビル)は一ヶ月19,600円とかなり高価なサプリメントですが、アルギニンの含有量は他の子供向けサプリと比べて群を抜いています。

しかし、先ほども書きましたが、栄養は何か一つだけをたくさん摂取しても意味がありません。

アルギニンは確かに成長ホルモンの分泌を促進するなどの働きがある、重要なアミノ酸ですが、それだけをたくさん摂取しても、そもそも体が健康でなければ良い効果を得ることができませんし、他のアミノ酸が不足していると、アルギニンの働きはがくっと減ってしまいます。

また、アルギニンは毎日摂取するべき栄養素ですが、過剰に摂りすぎると下痢になってしまったり、腎臓や肝臓へ負担がかかり、内臓の機能に障害がでる場合があります。

ドクターセノビルの次に高価なカラダアルファ(α)は、カルシウムと、カルシウムの骨への吸着を良くするマグネシウムを始めとした、骨や歯を丈夫にするための栄養成分が配合されています。

また、カラダアルファ(α)に配合されているスピルリナには、ほうれん草の40倍もの鉄分が含まれています。

鉄分は身体中の隅々にまで酸素を行き渡らせる役割を担っているだけでなく、鉄分とたんぱく質が一緒になることで、骨を丈夫にすることができるため、骨が伸びる成長期の時期には欠かせない栄養素です。

しかし、鉄分は摂取しすぎると吐き気を催したり、腸を傷つける場合があります。

また、余分な鉄分は身体の様々な部分に徐々に蓄積されていくため、長期間に亘って鉄分を過剰に摂り続けると、肝硬変や糖尿病へのリスクが高くなると言われています。

鉄分が多く含まれるレバーやパセリ、緑黄色野菜が極端に苦手なお子さんにはおすすめですが、何事も“過ぎたるは猶及ばざるが如し“となることに注意しましょう。

目的だけでなく、お子さんの食生活などと照らし合わせてサプリメントを選ぶことも大切です。

また、カラダアルファ(α)は溶かして飲むタイプではなく錠剤ですが、せのびーるのようにそのまま食べることはできません。

薬などの錠剤やカプセルをうまく飲むことができないお子さんには毎日飲むことが大変かもしれません。

>>遺伝は関係ない!?身長を伸ばす方法まとめ<<

のびのびスムージ―とアスミール

Dr.senobiru(ドクターセノビル)とカラダアルファ(α)の次に値段の高いのびのびスムージ―とアスミールは、どちらも牛乳に溶かして飲むタイプのサプリメントです。

どちらも子供が大好きなココア味で、牛乳でお腹がゴロゴロしたり、乳製品のアレルギーがないお子さんには、普段のジュース代わりにこれを飲んでもいいかもしれません。

しかし、冷たい牛乳や豆乳に溶かしてもしっかりとした甘みを感じるというのは、かなりの量の砂糖や甘味料が配合されています。

また、のびのびスムージ―には、成長ホルモンの分泌を促す働きのあるアルギニンが配合されていません。

配合されている栄養素も、ビタミンA、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、カルシウムの8種類で、栄養素の数が少なく感じます。

のびのびスムージ―に含有されているビタミン類の種類は多いのですが、ミネラルがカルシウムしかなく、アミノ酸も含まれていないことが気になります。

ちなみに、これらの8種類の栄養素を配合したのびのびスムージ―の通常価格は7,380円で、のびのびスムージ―の倍の、16種類の栄養素を配合したせのびーるの通常価格は4,104円です。

アスミールは3種類のカルシウムを配合しており、より体にカルシウムが吸収されやすいように考えられた、ドリンクタイプのサプリメントです。

こちらものびのびスムージ―同様、牛乳に溶かして飲みます。

しかし牛乳にはマグネシウムがほとんど入っていないため、牛乳を飲みすぎると元々骨などに含まれていた体内のカルシウムが体外へ排出されてしまいます。

アスミールで様々な栄養素が摂れるからと言って、給食で牛乳を飲む以外にも一日に何杯も牛乳を飲むのはおすすめできません。

アスミールやのびのびスムージ―などの牛乳に溶かして飲むタイプのサプリメントは、豆乳に溶かしてのむことをおすすめします。

豆乳であれば牛乳よりも脂肪分が少なく、成長ホルモンの材料となる良質なたんぱく質を一緒に摂ることができます。

牛乳に溶かして飲むタイプのサプリメントは牛乳が嫌いなお子さんでなければ、薬が苦手でもミルクココアのように飲めるのでおすすめなのですが、「アスミールが牛乳にきれいに溶けない」といったクチコミをよく見かけます。

いろいろな栄養素を含んでいても、牛乳に溶けずに捨てられてしまうだけでは意味がありませんよね。

また、グラスの底にこびりついたアスミールの粉を毎回洗うのも手間になります。

味の好みなどで子供が続けやすいサプリを選ぶのも大切ですが、サプリを管理する親の手間も少なくて済むものを選ばないと、後々面倒になってしまい、なかなか毎日の習慣として取り入れられなくなってしまいます。

>>おやつ代わりにそのまま食べられる!おいしいサプリせのびーる<<

せのびーるとセノビック、セノビー比較

せのびーる 比較

せのびーるはお菓子の様にそのまま食べられるサプリメントで、セノビックとセノビーは牛乳に溶かして飲むドリンクタイプのサプリメントです。

子供向けのサプリメントなので、薬が苦手な子でも飲みやすいよう、ドリンクタイプのサプリメントが人気のようで、いろんな会社から発売されています。

中でもロート製薬が販売しているセノビックは、ココア味だけでなく、いちごミルク味、ヨーグルト味、バナナ味、ポタージュ味と、5種類の味を選ぶことができます。

飽きっぽい子供も多く、好みに合わせて味を選べるのは嬉しいですよね。

森永製菓が販売しているセノビーは“サプリメント”という方もいますが、あくまでも位置づけとしては“カルシウムが配合された調整ココア”です。

背が伸びるという高価はあまり期待できません。

しかし、ジュースを飲むついでにカルシウムを補給したいという方には、値段も安くて手ごろなのでおススメです。

また、セノビーはココアで有名な森永が作っている製品なので、とにかくおいしいと評判です。

ミルクココア特有のべたっとした甘さではなく、しっかりと甘みを感じるのにさらりとしていて、しつこくない、と人気です。

しかし、美味しいからと言って何杯も飲むのはおすすめできません。

調整ココアであるセノビーに一番多く含まれている原料は“砂糖”です。

一気に飲んだり、たくさん飲んだりすると砂糖の摂りすぎとなり、血糖値も急激に上昇してしまうので注意してください。

ロート製薬のセノビックは、CMでも有名な商品で、カルシウムだけでなく、骨の成長を助けるボーンペップを含んでいます。

しかし、ボーンペップが骨に影響を与えるほど摂取するには、体重1キロに対して100ミリグラムもの量を摂取しなくてはなりません。

つまり、例えば体重が20kgのお子さんであれば20g(20,000mg)ものボーンペップが必要になります。

セノビックはコップ2杯で100mgのボーンペップを摂取することが可能です。

体重20kgのお子さんに十分な量のボーンペップをセノビックで摂取しようと思うと、一日に200杯ものセノビックを飲む必要があります。

さすがに牛乳と一緒に200杯ものセノビックは飲めませんし、飲めたとしても一か月あたりの金額がすごいことになってしまいますよね。

いろいろなサプリメントを比較してみて、やはり一番お得なのはせのびーるかな、と思います。

あくまで私の場合ですが、私がサプリメントに求めている「息子の身長を伸ばしたい」、「偏食による栄養不足を補いたい」、「続けやすくて手ごろな値段」という3つの条件にはせのびーるがぴったりでした。

せのびーる 購入 口コミ

せのびーるで丈夫に育ってほしい

子供 身長 遺伝

お恥ずかしい話ですが、息子はわがまま放題で、好き嫌いが激しく、偏食で、お菓子ですら気に入ったものしか口にしません。

食事の量も多くなく、男の子なのに女の子のように華奢で、まわりにいる同級生のお友達と比べても体つきが小さくていつも心配していました。

栄養バランスの良い食事を考えて作っても好みの味付けじゃなかったり、嫌いな野菜が入っていると一切手を付けてくれず、このままでは病気になってしまうのではないかと不安でした。

一人でいろいろと試してもなかなかうまくいかず、仲良しのママ友に相談したところ、せのびーるを教えてもらいました。

ママ友の紹介だったのですぐに購入しようかとも思ったのですが、同じようなサプリメントで更に効果が高く、コストパフォーマンスが高いものがあるならそちらを買いたいと思い、いろいろな条件を比較しました。

しかし、先ほども書いたように、半年や一年間続けるには値段が高かったり、安くても栄養価に満足できなかったりと、せのびーるよりも良いサプリメントをなかなか見つけることができませんでした。

せのびーるには16種類もの栄養素が含まれています。

1日2粒で、4種類のミネラル、7種類のビタミン、4種類のアミノ酸、RBS(米ぬか多糖体)を摂取することが可能です。

それなのに、値段はドクターセノビルの半分以下です。

モニターキャンペーンを利用したり、定期購入をすれば一ヶ月3,000円以下で購入することができます。

また、せのびーるはお菓子の様に食べることができるサプリメントです。

これは、本当に助かりました。

うちの息子は牛乳が苦手なのでセノビックなどの牛乳に溶かして飲むタイプのものが選べなかったからです。

身体に良いとわかっていても、苦手な物を無理に続けさせるのはかわいそうですし、無理に与えても続きませんよね。

また、薬などの錠剤やカプセルを水で飲み下すのも苦手です。

なので、せのびーるのようにそのまま口に含んでお菓子の様にぽりぽりと食べられるサプリメントは本当に有難いと思いました。

実際にサンプルで届いたものを食べてみると一粒が大きく、アメのように舐めても、お菓子の様に噛んでも食べごたえのあるサイズだったので、ほとんどの人が“飲む”のではなく“食べて”いるのだろうなと思いました。

そんな好き嫌いの多い息子なので、最初は一週間分のサンプルを注文して様子を見てみました。

せのびーるを500円で一週間分お試しできるサンプルの申し込みはこちらからできます。

→WEB限定せのびーる500円モニターキャンペーン詳細ページ

今ではせのびーるを定期購入し、飲み始めて3ヶ月になります。

せのびーるを飲んでから、徐々に徐々にですがおやつの量が減り、おやつが減った分せのびーるとご飯を食べてくれるようになりました。

食事の量が少しずつ増えてきたおかげか、体つきがしっかりしてきたように感じます。

また、せのびーるに入っているRBS(米ぬか多糖体)という成分は、成長ホルモンの分泌を助け、自己防衛機能を向上させる働きがあります。

偏食ばかりしていたおかげで体が弱かったのですが、せのびーるを毎日飲むようになってからはまだ一度も体調不良で学校を休んでいません。

このまま毎日せのびーるを食べることを習慣にして、しっかりご飯を食べられるようになったら、身体も丈夫になり、身長もぐんと伸びてくれると思います。

>>せのびーるのRBS(米ぬか多糖体)のスゴさとは!?<<

子供の身長サプリにはタイムリミットがある!

セノビール 口コミ 評判

残念ながら、人間の身長は一生伸び続けるものではありません。

まれに、成人後も身長が伸び続ける人もいますが、ほとんどの人は成長期の終わりとともに身長が伸び止まります。

身長が伸びるのか不安に思っている場合や、成長期により身長を伸ばしたいと思っているのであれば、なるべく早い段階からサプリメントで栄養をサポートする必要があります。

サプリメントの効果が身体に変化を与えるようになるにはある程度の時間が必要なため、小さいころからの生活習慣や早い時期からのサプリの摂取が重要となります。

まだ身長が伸びるのかどうかを判断する材料になるのが、骨端線(こったんせん)です。

骨端線とは、子供の時期に見られる“成長軟骨”の部分のことです。

骨端線の近くには、骨を壊す働きのある“破骨細胞”と、骨を再生する働きのある“骨芽細胞”が多く存在しています。

この2つの細胞が成長ホルモンの働きによって活性化することで増殖し、骨が伸びて背が高くなります。

しかし、骨端線付近の骨が大きくなるにつれて、成長軟骨は徐々に硬い骨へと変わっていきます。

成長軟骨が全て硬い骨へと変わると骨端線が閉じ、骨が成長しなくなるため、身長が伸びなくなります。

一般的には18歳頃までの成長期を過ぎると骨端線の成長軟骨が全て硬い骨へと変わり、骨端線が閉じると言われています。

しかし、成長期が遅くきた場合など、男性では25歳程度、女性では22歳程度までは骨端線が確認でき、身長が伸び続ける人もいます。

自分やお子さんの骨端線がまだあるのかどうかは、レントゲンを撮ることで判断することができます。

太ももなどの大きな骨は骨端線が確認しやすいため、気になる方は病院へ行ってレントゲン撮影をしてもらうのもいいかもしれません。

いずれにしても、身長をより高くするためには、骨端線が確認できる成長期の間に、たくさんの成長ホルモンを分泌させることが大切です。

>>せのびーるで健康と成長ホルモンの分泌をサポート!<<

病院へ行かずに成長期の終わりを確認する方法

骨端線 レントゲン

骨端線が存在するかどうかは見た目で判断することはできません。

しかし、成長期がいつ終わるのかというおおよその時期なら病院へ行ってレントゲン撮影をしなくても予想することができます。

成長期が終わる時期は、“第二次性徴”で判断することができます。

性差が現れる時期の第二次性徴は、女の子は女性らしい身体に、男の子は男性らしい身体にだんだんと変化していくときです。

子供の身体から徐々に大人の身体つきになり、第二次性徴が現れ始めてから1~2年、遅くとも3年ほどで身長が伸びなくなってしまうと言われています。

どんなに身長を伸ばす効果があると評判の高いサプリメントでも、その効果を実感するのには最低でも半年から1年程度はかかります。

せのびーるもその例に漏れません。

せのびーるは口コミで背が伸びると人気のサプリメントで、私の息子も愛飲していますが、やはり効果を実感するためには時間がかかります。

セノビールの公式サイトでも、最低でも半年間は飲み続けることを推奨しています。

成長期に身長が伸びないと、その後の身長の伸びは期待できません。

ほとんどの人が、男の子なら18歳、女の子であれば16歳頃までに伸びた身長がピークとなります。

それまでの成長期の間に伸びた身長で一生の身長が決まります。

私は身長が低くてすごくコンプレックスを抱えていたので、息子にはそんな思いをさせたくないという気持ちが強くありました。

私にせのびーるをおすすめしてくれたママ友もきっと同じような親心から、せのびーるを毎日飲み始めるようになったのだと思います。

身長はいつまでも伸び続けるものではありません。

いつか身長が伸びなくなる日が来てしまいます。

身長を伸ばすためのサプリメントを飲み始めるには早ければ早いほどいいと思います。

せのびーる 購入 口コミ

せのびーるは何歳から飲めるの?

せのびーる モニター 牛乳嫌い

せのびーるは薬ではないので、小さいお子さんでも飲むことができます。

私の友人はお姉ちゃんの身長を伸ばすためにせのびーるを購入したのですが、せのびーるは免疫力を上げる成分も入っているため、下の子も一緒にせのびーるを飲んでいるそうです。

友人の次女は今年で4歳になるそうですが、「おいしい」と言ってアメのように舐めて食べているそうです。

これは、せのびーるが子供の手が自然と伸びる美味しさで、お菓子の様に手軽に食べることができる、せのびーるならではかもしれませんね。

お姉ちゃんもとっても優しい子で、妹の面倒見も良く、うらやましくなるような仲良しの姉妹です。

子供が小さいとおやつにも気を使ったり、栄養を摂らせようとしてもなかなかたくさんのご飯を食べられなかったりと、いろいろと手がかかりますよね。

せのびーるは忙しくてもそのままぽいっと口に入れて食べさせることができ、子供も自然と成長に必要な栄養が摂れるのでおすすめです。

せのびーるに配合されている、免疫力をアップさせる成分の詳細についてはこちらの公式サイトから確認できます。

→せのびーる公式サイト

 

せのびーるは子供が飲んでも安全なの?

身長伸ばす 牛乳 成長ホルモン

大切なわが子に与えるものですから、口に入れるものは安心・安全なものでなくてはなりません。

また、子供が小さいうちは免疫や抗体が弱いため、余計に気を使いますよね。

せのびーるは薬ではなくあくまでも“栄養機能食品”なため、副作用はありません。

セノビールには16種類もの栄養素が配合されていますが、目安量以上にセノビルを食べても副作用や身体に悪い影響が出ることはありません。

公式サイトにも記載がありましたが、なるべく早くせのびーるの効果を実感したい場合は、目安量の1日2粒ではなく、それよりもたくさんの量を食べても大丈夫だそうです。

実際、私の息子も一日4粒~6粒のセノビールを食べています。

好き嫌いが多くて偏食なので、食事を食べない分、セノビールを食べて少しでも多くの良い栄養素を取り込んでほしいと思ったからです。

ただ、普段の食事をきちんと食べられる子は、目安量である1日2粒でも十分な効果を得られると思います。

食生活の変化で、なかなか毎日の食卓に和食だけが並ぶお家が今は少ないと思うのですが、そのせいで、カルシウムと一緒にビタミンDを摂ることがなかなかできません。

カルシウムはビタミンDと一緒に摂取しないと、ほとんど吸収できないのです。

しかしせのびーるであれば、1日2粒で一日に必要なカルシウムの39%と、ビタミンDを40%補うことができます。

給食や朝食で牛乳を飲んで、用意した食事をしっかりと食べられるお子さんはこれで十分な量の成長期に必要な栄養を補給できます。

また、副作用だけでなく、セノビールは残留農薬テストやヒ素などの有害物質テスト、放射能テストなどさまざまな検査をクリアしています。

生産も国内の工場で行われているので、安心して食べさせることができます。

>>せのびーるの品質管理の詳細はこちら<<

牛乳は身体に悪い!?

せのびーる カルシウム 効果

身長を伸ばすためにはカルシウムが必要だとよく耳にしますが、カルシウムだけでは身長を伸ばすことはできません。

しかし、成長期は骨の伸びが大きく、成長が早いため、伸びた骨を丈夫にするためにはたくさんのカルシウムが必要です。

カルシウムの摂取というと牛乳をイメージする人がほとんどかと思いますが、牛乳を飲むことで逆に体内のカルシウムが減ってしまうケースがあります。

カルシウムはとても吸収率の悪い栄養素なのですが、液体である牛乳はカルシウムの吸収率が高い食品として広く知られています。

しかし、その吸収率の高さ故に、身体に悪い影響が出てしまうというのです。

人間の身体は恒常性(ホメオスタシス)という機能が常に働いています。

これは簡単に言うと、体内の環境を常に一定に保とうとする機能のことです。

急激に上がった血糖値がインスリンの分泌によって急降下するように、牛乳によって急上昇した血液中のカルシウムは、もとの状態に戻すために、カルシウムを身体の外に出すよう働きだします。

マグネシウムを一緒に摂取していればカルシウムの体外への流出をある程度防ぐことができるのですが、牛乳にはマグネシウムがほとんど入っていません。

また、子供が大好きなスナック菓子やハンバーガーなどのファストフードには、リンというミネラルがたくさん含まれています。

このリンは、骨などにある身体に蓄積されたカルシウムを身体の外に排泄してしまう働きがあります。

リンは先ほども言ったスナック菓子だけでなく、牛乳にも含まれています。

ですので、カルシウムを摂取する目的で牛乳だけを飲むと、逆に体内のカルシウムが減り、もともと骨に沈着していたカルシウムも少なくなり、骨が脆くスカスカの状態となってしまいます。

牛乳を飲む際には、ビタミンDと、マグネシウムを含んだ食品を一緒にとることをおすすめします。

ビタミンDはしらすやいわし、にしんなど、魚に多く含まれています。

マグネシウムは、なまこ、大豆、あさりなどの魚介類や大豆製品、ごまやアーモンドなどの木の実類(ナッツ類)に多く含まれています。

しかし、魚嫌いな子も多く、骨が多い魚は特に上手に食べられないなどの理由から、子供に嫌われがちです。

成長期にはたくさんのエネルギーを必要とするため、お肉料理を出した方が喜ばれるというのもあり、なかなか和食を毎日食べる機会は少なくなっているのではないでしょうか。

好き嫌いがあってもせのびーるはお菓子感覚で食べられるサプリなので、子供がイヤイヤ食べるのではなく、自分から進んで、好んでせのびーるを食べてくれます。

また、牛乳を飲むときにせのびーるを一緒に摂ることで、牛乳に不足しているマグネシウムとビタミンDを手軽に補給できるので、もともとあった体内のカルシウムが外に排出されてしまうリスクを防ぐことができます。

せのびーる 購入 口コミ

成長期のカルシウムはなぜ重要なの?

大人 身長 伸ばす せのびーる

カルシウムは骨や歯の重要な主成分です。

成長期に限らず、成人でもカルシウムが不足すると骨が脆くなり、骨粗しょう症などのリスクが高まります。

成長期は特に骨が大きく伸びる時期であるため、大きくなった骨にカルシウムが十分に沈着させるために、大人以上にたくさんのカルシウムを必要とします。

成長期にしっかりとカルシウムを補給しないと、骨の密度が低く、すかすかになってしまいます。

特に成長期の時期はカルシウムの摂取目安量が大人よりも多く設定されています。

たくさんのカルシウムを効率よく摂取するためには、食事だけでなくサプリメントで補うほかありません。

また、コンビニのお弁当やハンバーガーなどのファストフード、冷凍食品をよく食べる場合は、それらの食べ物に含まれるリンによってカルシウムが排出されてしまうため、より意識して多くのカルシウムを摂取するようにしなくてはなりません。

>>ママ友の間で話題!子供の成長応援食品せのびーる♪<<

骨だけじゃない!カルシウムは心にも大事

せのびーる 心 成長

イライラしていると、「カルシウムが足りてないんじゃない?」なんて冗談交じりに言われた経験はありませんか?

あれは迷信でも民間療法でも都市伝説でもなんでもなく、きちんとカルシウムの効能の基づいて言われているものです。

カルシウムには、脳の興奮した神経を抑制する効果があります。

脳神経だけでなく、筋肉の活動をスムーズにする役割もカルシウムは担っています。

そのため、血液中のカルシウムが不足すると筋肉や神経、脳の異常な興奮を引き起こし、イライラの原因となってしまいます。

しかし、日本人のほとんどは慢性的にカルシウムが不足しており、国が定めたカルシウムの摂取目安量を満たしていない人がほとんどです。

これは、生活スタイルの変化や、食生活が欧米化、簡素化したことも関係が深いようです。

日本人が昔から食べ親しんできた和食は、カルシウムの多い小松菜や菜の花に、ビタミンDやマグネシウムを豊富に含んだ魚介類などを一緒に摂ることができるメニューがたくさんあります。

しかし、最近は食事の欧米化もあり、魚や大豆製品中心の食生活から、肉中心の食生活となっています。

また、共働き世帯が多いことから、コンビニのお弁当や冷凍食品、ハンバーガーなどのファストフードを食べる機会も増えています。

ポテトチップスなどのスナック菓子が好きな子供も多いですよね。

保存料が多く入っている加工食品やスナック菓子にはリンがたくさん含まれているため、体内にあったカルシウムが排出されてしまいます。

リンは人間の身体に必要な栄養素ですが、摂りすぎはよくありません。

しかし、なかなか急にいままでの食生活を変えることはできませんよね。

今まで好きだったものを急に取り上げても、ストレスが多くなってしまって、それも身長の伸びを妨げてしまいます。

イライラやストレスを和らげるためにも、せのびーるで効率的にカルシウムやビタミンを摂取するようにしましょう。

>>サプリで優しい子になる!?せのびーる詳細はこちら<<

朝ごはんを抜くとキレやすい子になる!?

320320%e5%ad%90%e4%be%9b6

脳の活動の栄養はブドウ糖です。

睡眠時は身体だけでなく脳も完全に休んでいると思われがちですが、そんなことはありません。

睡眠時に夢を見たり、記憶の整理をしたりなど、脳は就寝時でも休みなく働き、ぶどう糖が消費されています。

昼間の起きている時間帯であれば食事やおやつでブドウ糖を補給することができますが、睡眠時は寝ている間ずっと脳が栄養補給をすることができません。

長時間ブドウ糖が補給できないところに朝食まで抜いてしまうと、脳は完全に栄養不足となってしまいます。

朝起きてすぐにごはんを食べられないお子さんもいると思いますが、朝ごはんは脳と身体を目覚めさせ、一日を活動的に過ごすために大切なものです。

朝食を抜いたことが原因で脳の栄養が不足すると、イライラしたり、集中力が低下してしまい、勉強に身が入らなくなってしまいます。

なかなか朝ごはんを食べられないという場合は、前日の夕ご飯の時間を早めたり、いつもよりすこし早く起きるようにしましょう。

就寝時に食べたものが胃の中に残らないようにすると、朝起きた時に自然と空腹を感じるようになります。

胃の内容物が少ない状態で眠ると身体への負担も少なく、より熟睡することもでき、早起きしやすくなります。

それでも朝ごはんをしっかり食べられない場合は、せのびーるで栄養をプラスしてあげましょう。

全く食べないよりも、少しでも朝食を口にしてくれれば、それがだんだんと習慣になり、朝からご飯をしっかりと食べられるようになってきます。

せのびーる 購入 口コミ

せのびーるは心の成長もサポート

せのびーる 成長

カルシウムだけでなく、身体の様々な調整機能を担っているビタミンも、イライラやストレスを抑えるために大切な栄養素となります。

人間の身体はストレスを感じるとコルチゾールという、ストレスと戦うためのホルモンを分泌します。

一時的にこの抗ストレスホルモンであるコルチゾールが増える分には問題ないのですが、長期間に亘ってストレスを受け続けると、このコルチゾールによって成長ホルモンの分泌が阻害されてしまいます。

言う間でもなく、成長ホルモンは身長を伸ばすためには欠かせないホルモンです。

大人にとっても、成長ホルモンの分泌が減ると代謝が落ちたり、骨が脆くなったりなどの弊害を生じます。

コルチゾールは生命維持になくてはならないホルモンですが、分泌量が多すぎても問題です。

抗ストレスホルモンであるこのコルチゾールの分泌をコントロールするために、ビタミンCが役立ちます。

また、カルシウムの骨への沈着を良くするマグネシウムも心の安定に一役買っています。

マグネシウムは不足すると神経過敏を引き起こし、イライラして脳が興奮しやすくなってしまいます。

鉄分はストレスに対抗する力を付ける働きがあります。

鉄分が不足すると怒りっぽくなるだけでなく、集中力が低下し、注意力散漫になりがちです。

ビタミンB1やB2などのビタミンB群も、「精神のビタミン」と呼ばれるほど、心の安定に深く関わっています。

近年の子供たちは海藻類や野菜を食べる量が減少しており、偏食なども重なってビタミンB群が不足している子供が増えています。

ビタミンB群を意識して摂取することで集中力が上がり、学習能力が上がる場合も多いと言われているので、積極的に摂取したいビタミンです。

しかし、身体の成長だけでなく心の成長にもビタミンやミネラルが大切だとはわかっていても、なかなか毎日の食事でそれらをまかなうのは大変なことですよね。

子供の成長応援サプリであるせのびーるなら、カルシウムや鉄分、ビタミンB群などのミネラルやビタミンを手軽に補うことができます。

>>せのびーるに含まれる栄養成分一覧はこちら<<

ストレス解消には睡眠が大事

身長を高くする ストレッチ 寝る前

誰もが一度は「寝る子は育つ」という言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか。

これは、人間が熟睡している間に“成長ホルモン”がたくさん分泌されるためです。

成長ホルモンは人間の身体に様々な働きをしますが、こと成長期に限っては、骨の代謝を促して縦に伸ばし、筋肉を発達させます。

短い成長期の間にしっかりと身長を高くするためには、より多くの成長ホルモンを分泌させることが大切です。

しかし、人はストレスを感じるとコルチゾールというホルモンによって、成長ホルモンの分泌が妨げられてしまいます。

ストレスを感じないようにすることが一番いいのですが、ストレス社会と言われる現代で、全くのストレスフリーな状態になることは子供であっても大変難しいことだと思います。

しかし、睡眠時間を管理することでコルチゾールの余計な分泌を減らし、身体への負担を少なくすることができます。

コルチゾールはストレスと戦うだけでなく、人間の身体の目覚めにも関係しています。

規則正しい生活を送っていると、目覚まし時計をかけなくても毎日同じような時間に起きられるようになるのは、このコルチゾールの働きが関係しています。

なるべく規則正しい生活をし、早寝早起きをすることでコルチゾールが一定の時間に分泌されるようになるため、成長ホルモンの分泌の阻害を少なくすることができます。

また、成長ホルモンは就寝してから2~3時間後の熟睡時にたくさん分泌されます。

さらに、熟睡している時間帯が22時~深夜2時の間だと、より多くの成長ホルモンの分泌を期待できます。

勉強量が増え、夜遅くまで塾に通う子が多くなり、寝る前はゲームはスマホで夜更かしをしがちな子供が増えていますが、夜はなるべく早く布団に入り、リラックスした状態でぐっすりと眠れるようにしましょう。

夜早く寝ると、自然と朝早い時間に目が覚め、朝ごはんもしっかりと食べられるようになります。

それでもなかなか早寝早起きが実行できない場合は、とりあえず早起きをしてみてください。

私の息子も早寝早起きができず、毎日夜遅くまでだらだらとスマホをいじったり遊んだりしていました。

しかし、眠たくても無理やり身体を起こし、ベッドから出て早い時間に朝日を浴びると、それだけで少し頭がすっきりします。

そして、就寝時間が遅かったのに早起きをすると、当然、夜の早い時間に眠くなります。

そうなれば、睡眠時間がしっかり確保できているので、次の日は簡単に早起きできるようになります。

早い時間に目覚ましをかけてもなかなか起きられない人は、朝日が部屋に入るようにカーテンを開けるといいですよ。

窓の外が徐々に明るくなるにつれてコルチゾールの分泌が自然と増え、すっきりと目覚められるようになります。

睡眠時の成長ホルモンの分泌をサポートするために、せのびーるもおすすめです。

せのびーるはアルギニンというアミノ酸が入っているので、成長ホルモンの分泌を促してくれます。

せのびーる 購入 口コミ

なぜアルギニンが大切なの?

人間の身体のほとんどは水分とタンパク質で出来ています。

そのタンパク質の素となるのが“アミノ酸”です。

人間の身体に必要なたんぱく質を構成するアミノ酸は全部で20種類あり、“非必須アミノ酸”と“必須アミノ酸”にわけられます。

非必須アミノ酸は体内で作り出すことのできるアミノ酸です。

反対に、必須アミノ酸は体内で作り出すことができないため、食べ物やサプリメントで補給する必要があるアミノ酸です。

アルギニンは、“非必須アミノ酸”に分類されています。

非必須アミノ酸だから、わざわざサプリで摂取しなくてもいいのかというと、そんなことはありません。

アルギニンは非必須アミノ酸ですが、子供にとっては“必須アミノ酸”です。

身体が大人になればアルギニンを体内で作ることができるのですが、子供の内はアルギニンを作り出すことができないため、サプリメントなどで補給しなくてはなりません。

アルギニンは骨や筋肉を大きくして身長を伸ばす働きのある成長ホルモンの分泌を促す働きがあるため、せのびーるなどのサプリメントで積極的にとりたい栄養素です。

>>せのびーるで成長に必要な栄養素を手軽に補給!<<

背を伸ばすにはタンパク質?

身長 遺伝 せのびーる

タンパク質のもととなるアミノ酸の一種であるアルギニンが重要なのであれば、タンパク質をたくさん摂ればいいと思えるかもしれません。

たしかに、アルギニンは豚肉や鶏肉などのタンパク質に多く含まれています。

しかし注意しなければならないのが、タンパク質を多く含む食品は同時に脂肪も多く含んでいる場合があるということです。

「身長を伸ばすために必要だから」と、タンパク質ばかりを多く摂取していると、肥満や生活習慣病などを引き起こしかねません。

栄養のバランスも悪くなってしまいます。

食事のバランスを考え、タンパク質は脂肪分の少ない魚や豆(大豆製品)などを使った和食中心のメニューを食べる事が理想と言えます。

しかし、食事だけでタンパク質を摂取しようとすると好きな物が食べれなくなってしまい逆にストレスの原因になりかねません。

お魚やお豆腐よりも、やっぱりハンバーグやソーセージ、焼肉などのお肉メニューのほうが子供には人気ですよね。

好きな物を全部やめてはストレスが大きくなってしまうので、お肉の量を少し減らしたり、食べる頻度を少しずつ減らして、様子を見るのもいいかもしれません。

より低いカロリーでタンパク質を摂取するのにもせのびーるが役立ちます。

せのびーるは口に含むと甘いお菓子のようですが、“すごく甘い”わけではなく、おばあちゃんが作ってくれたおやつのような、“ホッとする甘さ”です。

また、添加物や着色料だけでなく、脂肪分も多い他のお菓子を食べさせるよりも、せのびーるであればカルシウムなどの成長期に必要な栄養素をバランスよく摂取できます。

お菓子ばかり食べていてなかなか手作りの食事を食べてくれない・・・と悩んでいる方にもおすすめのサプリメントです。

>>せのびーるの口コミや評判の一覧はこちらからチェック<<

身長を伸ばすホルモンとは??

身長を伸ばす為に知っておきたい”成長ホルモン“の働き。

先ほどから“成長ホルモン”というキーワードが頻出していますが、そもそも成長ホルモンとはなんなのでしょうか?

身長を伸ばす為に大きな役割を果たしている、3つのホルモンを紹介していきたいと思います。

 

成長ホルモン

成長ホルモンは骨の両端にある”骨端線(こつたんせん)”と呼ばれる軟骨細胞を伸ばす働きをする事で骨を伸ばし、結果的に身長を伸ばす働きをしています。

睡眠時に多く分泌されますが、運動時にも成長ホルモンが分泌されます。

 

甲状腺ホルモン

甲状腺ホルモンは喉にある甲状腺から分泌されるホルモンです。

一見すると身長を伸ばす事とは関係がないように思えますが、この甲状腺ホルモンは細胞の新陳代謝を活発にさせる働きがあります。

骨には“破骨細胞”と“骨芽細胞”という細胞があるため、この甲状腺ホルモンの働きによって骨の成長が促されます。

また、成長ホルモンの分泌を促す作用も兼ね備えています。

 

性ホルモン

性ホルモンは思春期に多く分泌させるホルモンで、このホルモンの働きによって男の子は男性らしく、女の子は女性らしいカラダへと成長させるホルモンです。

しかし、身長をグンと伸ばす反面、骨端線にある軟骨成分を硬くしてしまう作用もあるので、骨が伸びなくなり、次第に身長が伸びなくなってしまいます。

身長を伸ばす為には、この性ホルモンの分泌を遅らせるのも必要です。

 

このように身長を伸ばす為に3つのホルモンが大きな鍵を握っているわけですが、それぞれを効率よく分泌させる必要があります。

まず、成長ホルモンと甲状腺ホルモンの分泌が活発になるのは睡眠時です。

質の良い睡眠をとる事で、この2つのホルモンの分泌を促す事が出来ます。

そして身長を止めてします作用を持つ性ホルモンは、分泌遅らせる事で身長を伸ばす期間を長くする必要があります。

このホルモンは睡眠が不足すると性ホルモンの分泌が活発になる事が分かっています。

できるだけ思春期を遅らせることでより長い期間、骨端線を存在させ、骨を伸ばして背を高くすることが可能です。

子供の平均睡眠時間が年々減ってきており、夜更かしも目立ちます。

寝る直前までパソコンやスマートフォンなどの明るい画面を見ていると脳が興奮したままの状態となり、リラックスして熟睡することができません。

睡眠不足にならないためにも、なるべく早い時間に食事や勉強、入浴を済ませ、寝る前は身体も脳ものんびりさせてリラックスさせることが重要です。

>>背が伸びるとママ友の間で話題!せのびーる<<

寝る前のストレッチで身長が伸びる?

身長伸ばす 寝る前 ストレッチ

自分自身の身長が高くないから、産まれてくる子供も身長が低くなってしまうのではないか?

同年代のまわりの子供達はどんどん身長が高くなっていくのに、自分の子供はあまり身長が伸びない・・・。

もしかしてこのまま伸びないのかも!?

など、子供の成長は心配になってしまうことばかりですよね。

子供の身長に関してよく言われているのが「子供の身長は親からの遺伝で決まる」。

そう言われてしまうと「自分が身長が高くないから、子供も身長が低いのかも・・・」と思ってしまいますよね。

しかしこれは誤解です。

子供の身長が親からの遺伝の影響を受けるのはたったの25~30%程度なのです。

ということは残りの約70%は遺伝の影響を受けることなく身長を高くする事が出来るってことになりますよね。

では身長を高くするにはどうしたら良いのでしょうか?

一般的に言われているのが”睡眠・バランスのとれた食事・適度な運動”を行う事で身長が高くなると言われています。

この3つをしっかり行う事で体の中で何が起きるのかというと身長を高くしたり骨格の成長を促す”成長ホルモン”が分泌され、この成長ホルモンが身長を高くする鍵になるのです。

成長ホルモンが最も分泌されるのは睡眠時です。

質の良い睡眠をとる事が出来れば成長ホルモンの分泌を促し、身長を高くする可能性を高くする事が出来ます。

良い睡眠をとる為に効果的なのが、寝る前のストレッチです。

ストレッチを行うことで血液の循環を良くし、緊張した筋肉をほぐす事で安眠効果が得られます。

ストレッチを行うのは寝る1時間前、出来るのであれば入浴後に行うのが一番ベストです。

入浴後は身体があたたまっているため、身体がかたくてストレッチが苦手なお子さんも無理なく筋肉をほぐすことができます。

ストレッチはあくまでも一日の疲れをほぐすために行うものなので、“痛い”と感じるような柔軟は行わないようにしましょう。

普段ストレッチなどの運動をしない人がいきなり無理に体をのばすと、筋肉やまわりのスジを傷めてしまうおそれもあります。

ストレッチをして血行を良くし、熟睡できれば成長ホルモンの分泌をより促すことができます。

その成長ホルモンの働きをよりよいものにするためにも、成長期に必要な栄養が効率的に摂れるせのびーるがおすすめです。

せのびーる 購入 口コミ

 

おすすめ関連記事

背伸ばすサプリを選ぶポイント


子供 身長 サプリ おすすめ


おやつで子供の成長をサポート


せのびーる 子供 成長