天才卓球少年 松島輝空(そら)君とは?

松島輝空 せのびーる

弱冠10歳にして、その天才的な卓球の強さから注目を集めている松島輝空(そら)君。

2016年のオリンピックで卓球の水谷選手がシングルスで男女通じて日本初のメダル獲得をしたことは記憶に新しいかと思います。

しかし松島輝空(そら)君は、そんな偉業をなした水谷隼(じゅん)選手をテレビ番組の企画内で打ち負かすほどの実力を持っています。

松島輝空君は2017年現在で10歳という若さですが、9つもの優秀な賞を獲得するなど、輝かしい経歴を持っています。

これだけの強さを誇るスーパーキッズですから、誰もが2020年の東京オリンピック出場を期待されているのですが、年齢制限の壁があるため、早くてもオリンピック出場が2024年となってしまうのが悔やまれます。

 

せのびーる 卓球 松島

 

松島輝空君の経歴

2014年

  • 7歳 京都市長表敬
  • 7歳 全農杯 平成26年度全日本選手権バンビの部 優勝

2015年

  • 8歳 京都市長表敬
  • 8歳 全農杯 平成27年度全日本選手権バンビの部 2年連続優勝

2016年

  • 8歳 株式会社タマス(バタフライ)と契約
  • 8歳 ホープス(小学生)ナショナルチーム入り
  • 9歳 全農杯 平成28年度全日本選手権カブの部 優勝 3年連続優勝
  • 9歳 京都市長表敬

2017年

  • 9歳 第46回後藤杯卓球選手権大会 ホープスの部 優勝
  • 9歳 男子JNT候補選手に選出
  • 9歳 東アジアホープス国内選考会 代表権獲得

 

>>>卓球天才キッズ松島輝空も愛飲のサプリはこちら

 

テレビで紹介されたせのびーるとは?

せのびーる 卓球 松島

2017年7月10日にテレビ朝日で放送された“日本ソダテル検定”という番組で、松島輝空君の壮絶な練習風景に加え、“せのびーる”というサプリメントを飲んでいるという紹介がありました。

毎日の学校が終わった後、放課後から夜10時まで厳しい練習を続け、自宅に帰ってからも卓球コーチである松島司さんの指導のもと毎日の練習ノルマをこなし、夕ご飯を食べ始めるのは夜の11時過ぎ。

就寝は深夜0時を過ぎ、次の日には学校に行って勉強をして放課後はまた厳しい練習をして・・・と、心配になってしまうほどのハードな日々がテレビでは放送されていました。

大人の体力でも松島輝空君と同じスケジュールを一日でも実践することは難しいと感じてしまいますが、そんな厳しい練習を続けるための体力と気力を支えてくれているのが“せのびーる”だと言います。

今でこそテレビで紹介されたような、一秒も無駄にできないほど忙しく、厳しいトレーニングを続けている松島輝空君ですが、せのびーるというサプリメントを飲み始める前は体つきも小さく、風邪をひいたり体調を崩してしまって練習を休むことも多かったそうですよ。

 

>>>おやつ代わりのサプリせのびーるの効果が話題!

 

口コミでも評判のせのびーるの効果

せのびーる 背伸びる 米ぬか多糖体

卓球界では“神童”とも呼ばれる松島輝空(そら)君の家族は、練習以外にも毎日欠かさず続けていることがあります。

それは、寝る前に牛乳を飲むことと、せのびーるを飲むことです。

せのびーるにはカルシウムをはじめとしたミネラルや、ビタミン、アミノ酸などの栄養素がバランスよく含まれていて、成長期の子供の“伸びる力”をサポートしてくれるサプリメントです。

子供用のサプリメントにはカルシウムだけをたくさん配合したものが多く売られていますが、せのびーるは様々な栄養素が含まれているので、普段の食事の合間におやつ代わりとして食べるだけで、不足しがちな栄養を補い、栄養バランスを美味しく整えてくれます。

もちろん、松島輝空君一家のように、寝る前に食べてもOKです。

卓球だけでなく、どんなスポーツでも海外選手のように体格の良い相手と互角に渡り合うには、できるだけ身長が高く伸びるよう栄養バランスの整った食事に気を付ける必要があります。

また、スタミナ量でも負けないように体力をつけること、ケガをしないように丈夫な身体づくりをすることもとても重要です。

松島家では、せのびーる(背が伸びる)という名前のイメージに惹かれた卓球コーチでもあるお父さんがはじめは購入をしたそうですよ。

 

>>>せのびーるの詳しい情報はコチラ

 

せのびーるに含まれるRBS(米ぬか多糖体)とは?

せのびーる 卓球 松島

せのびーるには4種類のミネラル、7種類のビタミン、4種類のアミノ酸に加え、“RBS(米ぬか多糖体)”という成分が特別に配合されています。

RBS(米ぬか多糖体)と言ってもあまり聞きなれないかもしれませんが、名前の通り米ぬか由来の天然成分から特別な技術を使って作られた成分で、なかなか吸収できない米ぬかの栄養成分をさらに効率的に吸収できるようにし、栄養価を高めたものです。

RBS(米ぬか多糖体)は丈夫な身体づくりに欠かせない免疫力を高めてくれるだけでなく、成長ホルモンの分泌を促進する働きもあります。

成長ホルモンは脂肪燃焼や抵抗力の底上げ、筋肉などの細胞の修復の促進や骨の強化など、身体の中で様々な役割を担っていますが、成長期の子供にとって最も重要な働きはやはり“身長を伸ばす”ことですよね。

私の子供も松島君と同じように・・・とはなかなかいきませんが、毎日飲み続けることで子供の可能性を伸ばしていけたらと期待しています。

せのびーる 卓球 松島