成長期にダイエットは必要?

子供 ダイエット

日本人は諸外国と比べ“やせ思考”が強く、ダイエットに関心を持ち始める年齢が低年齢化してきています。

特に女の子は小さな頃から美容や体形に興味を持つ子が多く、無理なダイエットをしてしまいがちなため、家族全員でダイエットについて正しい知識を身に付けることが大切です。

子供が肥満であるかどうかを知るためには、まず標準体重を知る必要があります。

身長に対する標準体重は下記の計算式で求めることができます。

標準体重(kg)=身長(m)×身長(m)×身長(m)×13

標準体重が計算できたら、現在体重と照らし合わせて下記の方法で肥満度を計ることができます。

肥満度(%)={自身の体重(kg)-標準体重(kg)}÷標準体重(kg)×100

肥満度を計算して、+20%~+29%は軽度の肥満、+30%~+49%で中程度の肥満、+50%以上で高度の肥満となります。

±10%は標準的な肥満度と言われ、反対に-11%以下は痩せすぎですのでこちらも注意が必要です。

子供は大人と違って体格の変化が大きいため、その時の見た目や体重で安易に肥満かどうかを判断すると危険な場合があります。

 せのびーる 卓球 松島

 

痩せ・肥満が与える成長への影響

子供 ダイエット

子供の体重が標準体重よりも少なすぎる、あるいは多すぎる場合、身体の成長へはどのような影響が出てくるのでしょうか?

まず一つ目の大きな影響として挙げられるのが、“成長ホルモンの減少”です。

成長ホルモンはその名の通り、子供の成長に欠かすことの出来ないホルモンです。

特に成長期の時期は成長ホルモンが骨の細胞に働きかけ、骨を大きくし、その影響で背が高くなります。

しかしこの成長期にやせ過ぎや肥満が原因で成長ホルモンの分泌が正常より少ない状態が続くと、本来伸びるはずだった身長も伸びなくなってしまうだけでなく、低身長という病気になる可能性もあります。

また、成長ホルモンは背を伸ばす役割だけでなく、筋肉や皮膚の強化や脂肪代謝、糖代謝など、身体全体を健康的に維持するための代謝に必要不可欠なホルモンです。

肥満によって成長ホルモンの分泌が減り、代謝が悪くなり、ますます太りやすい体質になるという悪循環も派生してしまいます。

小児肥満の二つ目の大きな影響は、成人になってからの合併症のリスクです。

肥満の子供はその約70%以上が成人肥満に移行してしまうと言われ、生活習慣の悪さから高血圧や糖尿病などの合併症のリスクが高まります。

子供の頃に身についた生活習慣を変えるのは、頭でわかっていてもなかなか大変なため、早い段階での肥満予防やダイエットが必要になります。

 

>>>ママ友の間で大人気!成長サプリせのびーるとは?

 

成長期の正しいダイエットとは

子供 ダイエット

子供だけでなく大人にも言えることですが、成長期は特に運動することが大切です。

食事制限のみで痩せようとすると、栄養不足によって成長ホルモンが減少するだけでなく、筋肉や内臓の発達の遅れ、低身長、女の子では生理不順を引き起こす原因となります。

成長期は大人以上に多くの栄養が必要になるため、なるべく運動によって消費カロリーを増やすようにしましょう。

成長ホルモンは主に深い眠りについているときに多く分泌されますが、運動をしているときにもたくさん分泌されます。

身体を動かすことで骨にも刺激が伝わるため、より身長が伸びやすくなります。

基本的に食事制限によるダイエットはおすすめできませんが、食事量が多すぎる場合は適切な量に減らす必要があります。

食事の量を減らすことに抵抗がある場合は、その食事の内容の栄養バランスを今一度考えて見ましょう。

人間の満腹中枢は、栄養が偏った食事をとるとなかなか機能してくれません。

ピザやハンバーガー、コンビニの食品などをついつい食べ過ぎてしまうのはそのせいで、栄養が偏ったものは普段より多くの量を食べてもなかなか満腹感、満足感を感じられません。

反対に、栄養バランスの整った食事を摂ると早く満足感を得ることが出来、自然と無理なく食事の量を減らすことができます。

 

>>>成長応援サプリメントせのびーるの効果とは!?

 

野菜嫌いでもできるダイエット

子供 ダイエット

理想的な栄養バランスの食事を摂るためには、野菜の摂取が欠かせません。

お肉やお魚が苦手という子供は少なくても、ニンジンやピーマンなどの野菜が苦手という子供はたくさんいますよね。

私の息子も嫌いな野菜が多いため、どうにか克服できないものかと普段の食事から苦労しています。

専門家のような知識がなくとも、いろんな食材をまんべんなく食べてくれれば栄養不足や偏りを心配することも無いのですが、好き嫌いや食物アレルギーがあるとそうも言ってられません。

特にビタミンやミネラル、成長期にたくさん必要となるカルシウムなどの栄養素は普段の食事だけでは不足してしまいがちです。

なるべく食事は手作りのものにしようと思っても仕事が忙しくて外食で済ますこともあるため、息子には“せのびーる”というサプリメントを飲ませています。

せのびーるには不足しがちな16種類の栄養素が含まれており、お菓子の様に食べられる美味しいサプリメントです。

ビタミン、ミネラル、アミノ酸などの栄養素に加えてRBS(米ぬか多糖体)という身体を強くする成分も入っているおかげか、風邪やインフルエンザにかかることもなく毎日元気に学校に通っています。

せのびーるには成長期に必要な多くの栄養素が含まれているため、食事制限を伴うダイエットが必要なお子さんにもおすすめのサプリメントです。

タブレット型のおかしのようにポリポリと美味しく食べられるので、お菓子を我慢するストレスも軽減されます。

もちろん大人が食べてもせのびーるは美味しいので、親子揃ってのダイエットにもおすすめですよ。

せのびーるの詳しい成分や購入方法などは以下の公式サイトに掲載されています。

子供 ダイエット