中学生の時期に背が伸びるかどうかが決まる

背を伸ばす 中学生

一般的に背がよく伸びる時期というのは、小学校高学年~高校生の間と言われています。

そんな成長真っ只中の中学生時代。

この大事な時期だからこそ身長を伸ばす為の生活習慣づくりが必要不可欠です。

多くの人は思春期でもある成長期の時期に身長がぐんと大きくなり、それ以降は背が伸びなくなってしまいます。

ごくまれに、成人してからも背が伸びたという人がいますが、そのような人でも中学から高校生の成長期のように大きく身長が伸びることはなく、少しずつ緩やかに背が伸びて、やがて伸びなくなっていきます。

つまり、どんな人でも中学生から遅くても高校生の間に伸びた背の高さで、一生の身長が決まるのです。

背が低いということは、一生の大きなコンプレックスになる恐れがあります。

また、成長期を過ぎてから身長を伸ばすためには、大掛かりな手術をするなど、身体にも経済的にも大きな負担を強いられます。

食生活や運動習慣などで背を伸ばすことができる中学生のころから、より背を伸ばすための生活習慣を身に着けるようにしましょう。

 

⇒飲むだけで背が伸びる!?口コミで話題のせのびーるとは

 

身長が低い人と高い人の違いとは?

 背を伸ばす 中学生

背が高い人と低い人の一番の差は、“成長ホルモンの分泌量の違い”です。

成長ホルモンとは名前の通り、成長期の子供の背を伸ばすために欠かせないホルモンの一種です。

この背を伸ばす為に必要な成長ホルモンが最も多く分泌されているのは“睡眠時”です。

睡眠時により多くの成長ホルモンを分泌させるには、十分な睡眠時間を確保出来ている事、そして質の良い睡眠がとれているかどうかがポイントになります。

反対に睡眠時間が短く、常に睡眠不足状態の人は成長ホルモンの分泌が低下し、身体の成長の妨げになってしまいます。

また、睡眠不足や夜更かしなどの生活を続けていると、成長ホルモンの分泌が少なくなるだけでなく、身長の伸びを止める作用のある“性ホルモン”の分泌が促されてしまい、せっかく背が大きく伸びる時期であるの成長期を短くしてしまうのです。

背を伸ばすための生活習慣を始めたら明日には身長が伸びているということはないため、より背を高くしたいのであればなるべく早く対処することが重要です。

普段の生活習慣に加え、成長ホルモンの分泌を促してくれるサプリメントを摂ることもとても効果的です。

 

⇒背を伸ばすサプリメントについての詳細はこちら

 

背を伸ばすための生活習慣とは

背を伸ばす 中学生

背を伸ばしたいなら、毎日の睡眠時間・質と食事を見直してみましょう。

睡眠

先ほども成長ホルモンは睡眠時に多く分泌されると書きました。

しかし、ただ寝るだけではあまり意味がありません。

成長ホルモンは夜22時から深夜2時にかけて特に多く分泌され、この時間帯に“リラックスした状態で熟睡している”ことがとても重要なポイントとなります。

自分ではよく眠れているつもりでも、寝る直前までスマホなどの明るい光を見つめていたり、心配ごとなどを抱えたまま眠りに就くと、脳が休まっていないため、熟睡できていないのです。

テスト前や試験前には睡眠時間を削って夜遅くまで勉強をすることも多いかと思いますが、これも背を伸ばすことを考えるとおすすめできません。

睡眠不足は勉強の効率も悪くするため、たくさん勉強したい場合は普段より早く寝て、その分早起きをして勉強するようにしましょう。

脳と身体を休めて熟睡するには、“ある程度空腹の状態”で眠ることも大切です。

胃袋の中にたくさん食べたものが残っている状態だと、睡眠中も消化器官を動かすための指令が脳から出されるため、脳も身体も休むことができません。

質の良い睡眠をとって成長ホルモンを多く分泌させるために、就寝の4時間前(遅くても3時間前)には食事を終わらせ、部屋を薄暗くしてなるべく早く眠るように心がけましょう。

食事

成長ホルモンを多く分泌させるには睡眠が大切ですが、食事も背を伸ばすための重要なポイントとなってきます。

成長ホルモンはバランスのとれた栄養素を十分に摂取していなければ分泌がすくなくなってしまいます。

特に、“アルギニン”というアミノ酸は成長ホルモンの分泌を促す働きがあるため、成長期に欠かせない栄養素です。

人間の身体はほとんどが水分ですが、その次に多い成分は“タンパク質”です。

その人間を構成するタンパク質は、20種類のアミノ酸から作られています。

アミノ酸は“必須アミノ酸(食べ物から摂取しなくてはならない)”と、“非必須アミノ酸(体内で生成される)”の2種類に大別されます。

大人になればアルギニンは体内で生産されるようになるため、“非必須アミノ酸”に分類されるようになりますが、こどもの頃は体内でせいさんできないために“必須アミノ酸”に分類されています。

アルギニンは肉類に多く含まれていますが、成長期である思春期の最近の子供はスタイルを気にして無理なダイエットをし、アミノ酸だけでなく様々な栄養素のバランスが崩れている子が多く見られます。

成長ホルモンは背を伸ばすだけでなく、脂肪の燃焼を助ける働きもあるため、栄養素のバランスがとれた食事を十分にとらないと、肥満に繋がるおそれもあります。

塾や部活動で食事が疎かになったり、お弁当などで簡単に済ませることも多い中学生や高校生には、栄養バランスを整えてくれる“せのびーる”などのサプリメントがおすすめです。

背を伸ばすためのアルギニンも配合されているため、毎日の食事にプラスするだけで不足しがちなアミノ酸やビタミンなどを補ってくれます。

 

⇒せのびーるの効果や購入方法などの詳細はこちら